ブース施工・各工事の詳細説明とオプションサービス

このページでは、「グリップフレームブースパッケージサービス」におけるシステムブース設営に必要な各工事及びオプションサービスの内容について詳細に説明しています。

 

各工事

オプション


床工事

 

床工事490.jpg 

 写真のカーペットはホワイトグレー:システムと同じアルミ製カーペット押さえ


 

通常展示会ブースのカーペットは「パンチカーペット」が使われます。価格も安く色も豊富なのでほとんどのブースはパンチカーペットを使用します。ただし、パンチカーペットは現実的に再利用ができません。明るい色の場合特に汚れが目立ち、また会場の床に両面テープで貼り付けるので撤去の際にキレイにはがせないのです。


グリップフレームブースパッケージでは、通常オフィスで使用される 500 角のタイルカーペットを使用します。カーペット自体の価格はパンチカーペットより若干高いのですが、再利用ができるので長い目でみれば大幅にコストを削減、低コストでご提供することができるのです。選択できるカラーは「ホワイトグレー」・「ブルー」・「ワインレッド」・「グリーン」の4色です。

 

CP-4色.jpg 

 

パッケージ価格に含まれない別途御見積のオプションとして、市販されているタイルカーペットの中からご希望の色・品番を指定していただく、あるいはパンチカーペットをご指定いただくことも可能です。

 

なおカーペットの押さえは、システムと同じアルミ製のカーペット押さえを使用しています。 

 

システム


【壁面(ボード)】


事務局の提供するパッケージブース(オクタノルム)の壁面は化粧ベニヤですが、グリップフレームブースパッケージの壁面及び展示台の腰部分などに使用するボードはアルミ複合板を使用しています。見た目にもより白く高級感があり、また光を反射するのでひときわ明るく感じます。 

 

照明ありブース.jpg


  明るいブース-1.jpg

 

上の画像は、初日オープン直前の会場で撮影したものです。手前の木工ベースのブースや奥の事務局の提供するパッケージブースと比較して、ひときわ明るいことが一目瞭然です。

 

【展示台】

展示台H420.jpg 

W700×D450×H900:天板配線孔なし

事務局の提供するパッケージブース(オクタノルム)の展示台の標準サイズは、W 1,000×D 700×H 1,000、グリップフレームブースパッケージの展示台サイズは、W 900×D 700×H 900が基本ですが、用途や出展製品にあわせて最適なサイズが選べるように様々なサイズをご用意しました。また、ひな壇にも対応可能です。

 

グリップフレームブースパッケージの標準展示台サイズ

 サイズ【W・D (芯々) H】

外寸

天板サイズ

 W

 D

 H

 W

 D

W 900×D 700×H 900

 943

 743

 900

 880

 680

W 900×D 700×H 750

 943

 743

 750

 880

 680

W 900×D 450×H 900

 943

 493

 900

 880

 430

W 900×D 450×H 750

 943

 493

 750

 880

 430

W 700×D 700×H 900

 743

 743

 900

 680

 680

W 700×D 700×H 750

 743

 743

 750

 680

 680

W 700×D 450×H 900

 743

 495

 900

 680

 430

W 700×D 450×H 750

 743

 495

 750

 680

 430

W 450×D 700×H 900

 493

 743

 900

 430

 680

W 450×D 700×H 750

 493

 743

 750

 430

 680

W 450×D 450×H 900

 493

 493

 900

 430

 430

W 450×D 450×H 750

 493

 493

 750

 430

 430

※2台の展示台を連結する場合のW外寸は、それぞれの展示台のW外寸を足して43を引いた数値になります。 

 

展示台天板.jpg 

 

グリップフレームブースパッケージの天板は、15 ミリ厚のベニヤ板に建築にも使用されるメラミン化粧板を圧着したもの、展示会ブースの展示台の天板としては比較的クォリティの高い天板を標準で使用しています。すべての天板には配線用の穴があいています(樹脂製のカバー有)。

 

配線孔-2 240.jpg

配線孔の樹脂カバー 


展示台の中をストックとして使用する、あるいは出展製品の配線作業が必要な場合などのために扉つきの展示台をご用意しています。扉の仕様は一般的なシステム展示台と同様の引き戸です。また、展示台内部の中棚を追加することも可能です。ただし、原則中棚はベニヤ材むき出し、化粧なしのコンパネを使用します。

展示台に載せる出展製品の重量が50kgを超える場合は、展示台内部に天板を下から支える部材を使用して補強します。ただし、天板の補強をする展示台には、中棚は設置できません。

 


電気工事


オリジナルデザインブースでは、通常2次側電気工事としてコンセント工事・分電盤工事を専門の電気工事会社に依頼します。事務局の提供するパッケージブースの場合は、パッケージ価格の中に1次側電気工事としてのコンセントが1つ含まれます。出展社が延長コードなどを用意し、出展製品の電源として使用するのです。


グリップフレームブースパッケージでは、1次側電気工事のコンセントを照明の電源として使用します。弊社スタッフが1次側コンセントから延長コードを引き照明器具につなぎます。出展製品に必要な電源も同じコンセントから引きます。

 

電気容量が規定容量をオーバーする場合はあらかじめ電気容量の追加を申請し、電気料金は出展社さまのご負担となります。

  • 特殊な電気工事が必要な場合は、弊社が電気工事会社を手配します。


【照明】


事務局の提供するパッケージブースの場合、通常パラペットの裏に 40W の蛍光灯が2灯、100W のスポットライトが1灯ついています。展示会にもよりますが、角小間料金を支払って角小間を確保しても照明が増えないケースがあります。つまり2面のパラペットの片方にしか照明がついていないのです。この場合別途追加費用を支払って、照明を追加しなければなりません。


グリップフレームブースパッケージの照明プランは、パラペット3mにつき 40W の蛍光灯2灯・ 100W のスポットライト2灯、さらにレイアウトに応じてスポットライトを増設することも可能です(オプション)。

 

FLとスポット.jpg

 蛍光灯/スポットライトともに落下防止機能を標準装備


 

あまり気にされない出展社も多いのですが、展示会ブースにおいて照明は重要です。単純に暗いブースより明るいブースのほうが目立つのはご理解いただけると思います。

 

明るいブース-1.jpg 

 

実際に弊社が設営したブースの明るさをご覧下さい。このブースはスポットライトを2灯増設して計4灯使用しています。ボードの白さとあわせて非常に目立ちます。

実際のこのブースの事例をご紹介していますので、こちらも是非ご覧ください。

「ブース設営事例」へ

 


パラペット・サイン表示

 事務局の用意するパッケージブースは、パラペットの下地の色は選択肢の中から選ぶことができますが、文字は書体が選べず、色もスミか白のみというケースが多いようです。結局多くのパッケージブースの社名サインが同じ書体・似たような色になってしまうことにより、ブース自体が安っぽい印象を与えてしまいます。


事務局の用意するパッケージブースのパラペットの社名などの表示は、下地の色は数色の選択肢の中から選ぶことができますが、文字は書体が選べず、文字の色もスミか白のみというケースが多いようです。結局多くのパッケージブースのパラペットサインが同じ書体・似たような色になってしまうことにより、ブース自体が安っぽい印象を与えてしまいます。


グリップフレームブースパッケージのパラペットサイン表示は、データを支給いただき貴社のロゴマーク・ロゴタイプ(指定書体)を表示します。下地色+ロゴマーク+ロゴタイプすべて貴社の指定近似色で表示します(指定色に近いカッティングシートを使用します)。

グリップフレームブースパッケージの基本パッケージの標準パラペットサイズは H 350(ボード H 264 )です。デザインパッケージでは、パラペットサイズは2パターン、H 350 ( ボード H 264 )/H 536 ( ボード H 450 )から選択できます。パラペットサイズはサインの内容や小間位置・通路幅などを考慮してご提案いたします。基本パッケージをご利用の場合でも、ご希望があればオプションとしてパラペットサイズ( H )を変更することも可能です。


ブースのデザイン処理

 

基本パッケージは、パラペット以外は全面が白の状態ですが、デザインパッケージでは壁面や展示台の腰部分にカッティングシートの貼り分けによる装飾をします。直線のみのシンプルなデザインに限定させていただきますが、同じ会場に多数ある事務局の提供する装飾ゼロのブースと差別化を図り、出展社としての意欲をアピールすることができます。

  

ブースの装飾が重要なのではなく、しっかりとした展示ブースを作ることにより貴社に対する好意的なイメージを構築していくことが重要なのです。たとえ1小間のブースであっても、事務局の提供する装飾ゼロのブースで、しかもレイアウトやサインに何の工夫もない出展社にあなたはどんなイメージを持つでしょうか。

 

例え1小間でも、例え大きな予算をかけなくても、ディスプレイの基本を踏まえたしっかりとしたブースで出展してくる企業には「好意的なイメージ」を持つものです。どんな業界であっても一流企業といわれる企業は、展示会ブースはもちろん広告や印刷物など顧客の目に止まるもの全てに、しっかりとした意識によって統一されたデザインがあるものです。その考え方があったから一流になったとも言えます。1小間の展示会ブースであっても、限られた予算であっても、可能な限りディスプレイとしてよりよく見せる努力をすることが重要なのです。 


サイン工事


キャッチコピー・社名サイン・商品サインなどをブースサイン兼ブースデザインとして展示台バックパネルや壁面、展示台の腰部分に表示します。ディスプレイデザイナーが貴社の社名ロゴやロゴマーク及びコーポレートカラーなどのCIを踏まえてオリジナルブースデザインを提案します。


オリジナルデザインブースの場合、通常ブースが組み上がってから現場でサインの貼りこみを行います。グリップフレームブースパッケージの場合は、コスト(人件費)を抑えるために基本的に現場でシート文字(カッティングシートを切り抜いた文字)やカッティングシートの貼りこみはしません。製作図面に従い事前に部材のボードにシート文字を貼りこんで現場へ搬入するか、サインボード・バナーとして制作し現場で壁面などに貼りこみます。

事務局の提供するパッケージブースを申し込んだ場合、説明パネルなどの設置は出展社の作業となります。グリップフレームブースパッケージの場合は、弊社に発注いただいたパネルはもちろん、持ち込みパネルやバナーなどの設置も弊社が追加費用なしで作業します。説明パネルやサインボードなどはシステムのボードに両面テープ付のマジックテープで貼り付けます。

キャッチコピー制作

 

貴社の出展製品やターゲットについてヒアリングさせていただいた上で、展示会来場者層にマッチしたブースサインとしてのキャッチコピーを提案させていただきます。キャッチコピーは展示会ブースにおいて重要な要素です。はっきり申し上げて社名サインよりも重要です。的確なキャッチコピーがあれば社名表示がなくても来場者の目に止まりますが、「このブースには何があるのか」を伝えられなければ、知名度の高い一部の企業を除いてどんなに大きな社名表示があっても来場者は見向きもしてくれないのです。  

もちろん社名表示は必要ですが、最も優先されるべきは来場者の視点であることを忘れてはいけません。来場者にとって関心があるのは貴社ではなく、貴社が解決してくれる自社の課題であり、貴社が提供してくれるメリットなのです。それを伝えることができなければ、来場者は貴社ブースに見向きもせずに通り過ぎてしまうのです。ですから、社名表示よりもキャッチコピーがより大きく、より目立つべきなのです。グリップフレームブースパッケージは、来場者をブースへ引き寄せ、見込顧客として獲得することを優先した効果的なキャッチコピー・サインの使い方を基本要素としたパッケージブースなのです。

  


 

オプションサービスの詳細説明


展示会出展に際して準備すべきもので、グリップフレームブースパッケージの費用に含まれないものについては、オプションとして弊社からワンストップでご提供することが可能です。


展示パネル(説明パネル)


テキスト原稿及びラフレイアウトをご支給いただくか、出展製品の資料などをご支給いただき弊社で原稿を作成、ご提案させていただくことも可能です。

 

 パネル原稿作成(資料支給のうえ弊社で原稿推敲の場合) 

  ¥5,000-

 レイアウト・データ制作(テキスト原稿支給の場合)

  ¥10,000-

※パネル1点につき ※消費税別途

 

 パネル出力(スチレンボード7ミリ厚)+アルミフレーム    
 A2 

  ¥7,000-

 A1

  ¥9,500-

※パネル1点につき ※消費税別途

※他サイズについては別途お問合せください。

 

示会配布専用リーフレット(バラマキ用チラシ)


展示会場での集客対策として、弊社は展示会配布専用のリーフレットを作成されることを提案しています。


基本的に原稿は弊社からご提案し、入稿データまで弊社が作成します。印刷は貴社のお取引先の印刷会社さまにご依頼されてもかまいません。もちろん弊社に印刷までご依頼いただくことも可能です。

 

 

 原稿作成(A4/ 1P につき)

  ¥5,000-

 レイアウト・データ制作(A4/ 1P につき)

  ¥15,000-

※消費税別途 

  • 印刷費用につきましては、印刷方式・サイズ・色・用紙・数量などにより別途御見積いたします。

A4/2P 4C/0 1,000部 CTP刷版の場合の概算費用 ¥44,000- (消費税・送料別途)

 

 

その他、展示会出展に関するすべてのサポートサービスを提供します。

 

  • 展示会出展準備代行・サポート
  • 事前の集客対策(ダイレクトメール・広告など)
  • ノベルティ・スタッフユニフォーム
  • グラフィックサイン・バナー制作
  • ディスプレイ小物(アクリル加工など)
  • 来場者へのオファーの企画・提案・作成
  • プレゼンテーションの企画・原稿作成・実施
  • 映像機材リース・映像コンテンツ制作
  • 外部運営スタッフ(イベントコンパニオン・バックヤードスタッフなど)
  • 各種印刷物の制作(商品撮影・デザイン・データ制作・印刷)