「展示会出展アドバイスサービス」ユーザーインタビュー

使用-合成-2.jpg

 

D-Culture 株式会社
代表取締役
竹内 淳 様
http://d-culture.jp/

3月26日から開催された「2009ジャパンペットフェア」に初出展されたD-Culture 株式会社の竹内社長に、弊社「展示会出展アドバイスサービス」をご利用いただき初めての展示会出展を終えられたご感想をお聞きしました。

D-Culture株式会社は、2008年1月に米国のペット用品メーカーSPORT PET社の「猫のためのテーマパーク」をコンセプトにした遊具の販売を目的に設立されました。「2009ジャパンペットフェア」がD-Culture 株式会社としての初めての展示会出展であり、本格的な出展準備を始める1月初旬の段階で、弊社の「展示会出展アドバイスサービス」をご利用いただきました。出展スペースは1小間です。

 

弊社の「展示会出展アドバイスサービス」をご利用いただいた経緯をお聞かせいただけますか。

 

インサイドさんに今回の出展についてご相談させていただいたのが、本格的に出展準備を始めなければならない1月初旬でした。会社設立以前にも展示会出展の準備やブース設営、展示会の運営に直接の担当として携わったことがなかったので、どういう準備をして、ブースをどうやって設営して、会期中に出展者としてどうするべきなのか具体的にイメージできていなかったのです。特にブース設営に費用をかけた場合の費用対効果についても判断材料としての情報がありませんでした。ネット検索でインサイドさんの「展示会出展サポートサイト」を見つけてアドバイスをお願いしました。

 


弊社の「展示会出展アドバイスサービス」は今回の出展の参考になりましたか?

 

出展準備・本番とどうするべきか考え始めた時期にインサイドさんからアドバイスをいただき、準備期間中と本番会期中になにをするべきかがはっきりイメージできました。

展示会ブースの設営については、インサイドさんから具体的なノウハウを教えていただき極力費用をかけずに自社でブース設営をすることを選択したのですが、設立間もない時期でもあり、トータルの出展コストを抑えられたことは大変助かりました。インサイドさんからアドバイスいただいて照明を追加した以外主催者が用意したオプションは一切申し込みませんでした。実際にブース設営には照明を追加した費用を含めて数万円しかかかっていません。インサイドさんからも1小間の出展でブース装飾に費用をかけて専門の施工会社に依頼しても効果に差はでないと言われていましたが、自社で設営したブースでも実際に満足できる成果を獲得することができました。

 

出展の成果についてお聞かせいただけますか?

 

本格的な営業活動を開始したばかりのタイミングでの出展だったので、今回の出展目的はSPORT PET社の製品やコンセプトをマーケットに紹介し認知していただくことと、具体的な新規販路を獲得することでした。

名刺交換させていただいた来場者数は100名強です。展示会終了後2週間の現在、数社と新たに取引させていただくことが決まりました。また、名刺交換させていただいた来場者の方に徐々にフォローアップを始めているのですが、皆さん当社製品への関心が高く当社にとって質の高い見込顧客を獲得できたのではないかと思っています。


今回の出展商材が、今ペット業界での成長市場である「猫」を対象とし、「猫のためのテーマパーク」をコンセプトにした遊具という日本市場になかった新しいカテゴリーのものであり、来場者の関心は高いだろうと考えていたのですが期待以上の反応でした。

 

名刺獲得数については、今回が初めての出展ですので比較するデータはないのですが、ペットフェアのビジネスデー2日間、1小間出展の成果としては満足できる成果だと思います。当社の場合は、スタッフ2人がブース前の通路に出てパンフレットを通りかかる来場者に配って声をかけたのですが、ブースの中で来場者が足を止めてくれるのを待っているだけだったら、100名以上の来場者と出会うことはできなかったと思います。

 


最後にこれから初めて展示会に出展される出展社さんに、初めての出展・自社でのブース設営を経験されてなにかアドバイスいただけますでしょうか。

 

展示会出展の最終的な目的は新規取引先の獲得だと思うのですが、インサイドさんから展示会場での目的は「より多くの来場者と出会い、話をし、名刺交換をさせていただく」ことであり、そのために来場者の目を引き、足を止めるためのブース設営をし、出展社として通路にでて積極的にパンフレットを配り、声をかけるというシンプルな方法、論理的な考え方をアドバイスいただいたことが満足できる成果につながったと思います。

 

インサイドさんには電話相談の後にも具体的なアドバイスをメールでいただいたり、一度当社にまでお越しいただいたり、ブース設営や運営だけでなく展示会後のフォローアップ、PRやホームページに関しても色々とアドバイスしていただきました。知識や経験がない状態で展示会本番を迎えることを考えれば、インサイドさんに色々と相談できたことは本当に良かったと思います。

 

最初の時点でこのアドバイスサービスは「売込」ではありませんとおっしゃっていただきましたが本当に「売込」ではなく、今回の出展に関しては説明パネルやディスプレイに関してもすべて自前で用意できたので、外部の専門会社に一切頼らずにブースを設営することができました。通常自社でブースを設営しようと思っても、展示パネルやサイン関係などディスプレイに関して自社では対応できないことはすべてインサイドさんにお願いできますし、本当にコストを抑えるための提案をしてもらえますので、展示会出展について気軽に相談できる方がいないのであれば先ずインサイドさんに相談されることをお勧めします。当社も今後も展示会に限らずまた相談させていただきたいと考えています。

 

「展示会出展アドバイスサービス」へ


「展示会出展サポートサービス-ユーザー事例」へ戻る

矢印ボタン―サイトマップへ.jpg