展示会ブース設営

展示会におけるブースは言わば貴社のショールームです。来場者は、展示会ブースのクォリティで出展社の企業としての力量を推し量るものです。また、展示会は重要な潜在顧客との接点です。貴社への好意的なイメージを持ってもらうことを前提にブース作りを考えなければなりません。かといって必ずしも大手企業と同じような豪華な装飾が必要ということではありません。ただし簡素であっても、来場者にビジネスパートナーとする企業としてマイナスのイメージを持たれないようにしなければなりません。


展示会ブースでは、来場者の目を引く・足を止める仕掛けが必要です。事前に 集客プロモーションを実施したとしても、貴社ブースの前を通りかかる潜在顧客を引き止め、名刺情報を獲得する仕掛けを考えなければなりません。来場者の足を 貴社ブースの前で止めるには、主に視覚・聴覚に訴えることになります。広告と同様に展示会ブースにおいても、貴社の潜在顧客が目を留めるアイキャッチが必要です。

基本的にはサインによるメッセージと出展製品自体がアイキャッチとなります。サインの最大の目的は、「このブースで何を出展しているのか」、「この製品で何ができるのか」を一目で来場者に伝えることです。このブースには、自社・自分の業務に関連する製品・サービスが出展されていることをひと目で理解させなければなりません。展示製品でそれをアピールできない場合はなおさらです。


来場者の足を止めることができても、中に入りづらいブースでは効果半減です。 展示会場で来場者が入りやすいブースは、小さな規模のブースより大きな規模のブース、閉鎖的なブースよりオープンなブース、閑散としているブースよりは人が大勢いて活気のあるブースとなります。スペースは予算を無視して大きくすることはできませんが、よりオープンな感じにすることは予算内でできます。ディスプレイデザイナーには、予算・出展製品などの条件の範囲内でより来場者の入りやすいブースデザインを要求しましょう。


出展製品によりますが、可能であれば製品の実演など動きがほしいところです。来場者に体験させることができる製品であれば、可能な範囲で体験させましょう。製品自体に大きな動きがない場合、展示会場では実演できない場合などには映像による訴求が効果的です。会場内の来場者の流れを導線として想定し、より目立つ場所にアイキャッチとなるサイン・動きのある製品やモニターを配置します。


展示パネル・製品説明パネルもアイキャッチとして機能します。展示パネルは、なるべく大き目の文字を使い、数メートル先からでも読めるようにします。来場者は短時間でより多くのブースをまわろうとしています。細かい文字で詳細な説明がびっしりの展示パネルでは、来場者の目を、引き足を止めることはできません。そんな細かい説明を読んでいる暇がないのです。「この企業は何を出展しているのか」がひと目でわかるようにしなければなりません。小規模出展の場合はなおさらです。来場者は、何が出展しているのかを理解し、それが自社・自分の業務に関連する製品であればとりあえず足を止めます。そして、ざっと内容を確認して必要と思えば資料を請求するのです。展示会場において達成するべき目標はより多くの名刺情報を獲得することですので、来場者には説明員に説明を求めたり、資料を請求したりしてもらう必要があります。ですから、説明パネルは製品導入によるメリットや特徴などポイントを簡潔に伝えることを前提に作成します。


コンパニオンなど外部スタッフや社内スタッフによるブースへの誘導のための仕掛けを用意する場合は、ブース自体もスタッフの立ち位置と来場者の流れを想定して設計する必要があります。メイン導線とサブ導線それぞれにブースへの誘導役のスタッフを配置して、どちらからでもブース内へ入りやすい、よりオープンな ブースを基本とし、展示製品の位置と製品説明役スタッフの立ち位置、名刺情報を獲得する場所となる受付カウンターまでスムーズに来場者を誘導してより効率的に名刺情報を獲得することができるように、来場者とスタッフの流れを考えた上でより機能的なブースを設計する必要があります。


また、小間位置によってメリットとデメリットがあります。会場の入り口付近なのか奥なのか、主通路沿いなのか副通路沿いなのか、カド小間の場合、島小間の場合など貴社の出展目標を効率的に達成するために、小間位置も考慮したうえで最適なブースデザイン・ブースレイアウトを設計する必要があります。


展示ブースを目標達成のために最大限機能させるためには、ディスプレイデザイナーの力量が求められます。コンペを実施するなどして展示会ブース設営を依頼する会社を新しく選択する際には、過去の実績としてブースの写真を見せられることが多いと思います。また、当然プレゼンの際にはきれいなパースが用意されます。その見た目だけで判断するのではなく、貴社の出展目標やコンセプト、ブースに来場者を誘導する仕掛け、そして小間位置までも考慮してしっかり設計されているのか、ブース設計のコンセプトを聞いたうえで判断することが必要です。

 


1小間・2小間のスペースで展示会に出展される企業さま!!

新しいブース設営サービスをご案内いたします。

事務局の提供するパッケージブース(レンタル装飾)よりも低コストで、よりディスプレイとしてのクォリティが高く、より機能的・効果的な展示ブースをご提供します。

自社でシステム部材を保有することで、弊社の推奨する展示ブースをどこよりも安くご提供できるようになりました。低コストでも展示会出展に関する有効なご提案とサポートをお約束します。

オリジナルデザインブースやデザインパッケージブースでは費用対効果に疑問があり、事務局のパッケージブースでは効果に不安があるという出展社さま、是非 展示会ブース設営の新しい選択肢として活用をご検討ください。

「低コストシステムブース設営サービス」へ

 

トップ広告仮.jpg

 

矢印ボタン-ページTOPへ.jpg

 

 

 

 告知(小490).jpg

メールアドレス・会社名の入力で PDF ファイルがダウンロードいただけます。

お気軽にお申込ください。お申込はこちらへ。

 

 HPノウハウ告知(小)-480.jpg

メールアドレス・会社名の入力で PDF ファイルがダウンロードいただけます。

お気軽にお申込ください。お申込はこちらへ。

 


矢印1-8.jpg

 

 

矢印ボタン―サイトマップへ.jpg